JAMで出会ったフレッシュグリーン

 8月16日から国際鉄道模型コンベンションが行われていました
 で、俺は取材のため3日間詰めているのですが、いかんせん仕事なのでモデラーズパフォーマンスをじっくり見ている時間はありません。チラ見するに皆さんの「表現」がとても興味深いことはわかるのですが、あいにく俺の担当はメーカーブースの取材でして、モデラー図パフォーマンスのほうはほかの人が担当します
 で、メーカーブースというのは鉄道模型のほか、鉄道模型の販売店も含まれます。ありますね。ホビーランドぽちとかポポンデッタとか
 ポポンデッタ
 いやな名前です
 俺の財布をつけ狙うストーカーと言っても過言ではありません
0234.jpg
 確か去年は200系新幹線H編成を買って食事抜きの径を食らった俺ですが、今年は0系R編成ですか
 まったく何の進歩もありません
 しかし、しかしですよ。見た目目立った劣化のないこのR編成がですね
0235.jpg
 税込5,500円ですよ? これ絶対買わないと後悔するタイプです
 走りが渋い、22形のライトか点かないといったことからこのような値段になったことは容易に想像できますが、それにしても安い。動力の不調なんてモータが動けば何とでもなります。ライトがつかない
って点もたしか我が家に交換ASSYがあったはず
 何の問題もないな
 おっしゃ買ったるわ
0236.jpg
 こうして我が家にお輿入れなったフレッシュグリーンですが、ウエストひかりと並べるとガミラス総統もかくやと言わんばかりの顔色の悪さです。実車で見たときは「なんじゃこりゃあ」と思ったものですが、模型で見るとこれはこれで悪くない
 編成も37形が入った旧製品で、並べてみると窓割の変化が実に楽しい。実にいい買い物をしたと思えてくるから現金なものです
 肝心の走行性能は不調どころか低速が滑らかに効く良好な性能。なんでこれが「走行C」なんだ?
0237.jpg
 切れていたライトも我が家のASSYで無事点灯状態に。これで完全なる状態の0系フレッシュグリーンが税込5500円+税で購入できたことになります。なんという神がかり!
 6両でまとまる短い編成なので、レンタルレイアウトはもちろん自宅でも楽しんでいきたいと思っています