• サハが足りないぜ!
     KATOからKOKUDENシリーズが再販されました。3両で4,500円+税というリーズナブルな価格は今なお色あせない魅力があります。たしかに基本構造は1971年ごろ、つまりもう50年近く前の設計ですが印象把握に優れており価格を考えれば十分楽しめる製品です なもんで再販ということでひとつ所望しました 色はエメラルドグリーン。この色を選んだ理由はふたつあります ひとつはKOKUDENシリーズの中で最も価格が安かったことです エメ...
  • 俺はただ、新幹線を走らせに行っただけなのに…!
     俺の仕事は忙しい時と暇な時での濃度があり、ある時突然時間ができるときがあります。そんなときはしっかりと楽しいことをして気持ちをリフレッシュさせることが大事です 今日も午前中思いがけず時間ができたので、川越のポポンデッタで虫干しを兼ねて新幹線電車を走らせに行きました。幸いにも持参したE2・E3・H5・E6系はいずれも快調に走行してくれましたのでいい気分でレイアウトを後にします そしてついでなのでどれどれと...
  • 語彙力がなくなるかっこよさ
     8月はもう本当にぱっつんぱっつんで、何もかも余裕がない状態でした そんな状態でも買い物ができるというのが現代日本の恐ろしさ。仕事の傍らマウスでポチっとお買い物ができるのです。ビバ21世紀 で、何を買ったかと申しますと KATOのワム380000×10両 これで我が家の紙輸送列車は堂々32車となるわけです。長さにして新幹線電車15両相当なので、かなり見栄えもします いや、見栄えがいいなんてもんじゃないです。かっこいい...
  • JAMで出会ったフレッシュグリーン
     8月16日から国際鉄道模型コンベンションが行われていました で、俺は取材のため3日間詰めているのですが、いかんせん仕事なのでモデラーズパフォーマンスをじっくり見ている時間はありません。チラ見するに皆さんの「表現」がとても興味深いことはわかるのですが、あいにく俺の担当はメーカーブースの取材でして、モデラー図パフォーマンスのほうはほかの人が担当します で、メーカーブースというのは鉄道模型のほか、鉄道模型...
  • 『鉄道ホビートレイン』に室内灯をつけてみる
      八王子のポポンデッタで購入した『鉄道ホビートレイン』、レンタルレイアウトで走らせると「鉄道ホビートレインだ!」って名指しで叫ばれるくらいいは知名度のある車両です。 模型化のスタイルも上々だし走りもとても静かで実にいいクルマなんですが、やはり車内が暗いとどうにも「たのしい雰囲気」が出ません。そこで室内灯をつけることにしました とはいえ予算がありませんので、自宅のあまりパーツを物色して集電ばねのな...
  • 多度津工場匠の技ゲット
     マイクロエースの『鉄道ホビートレイン』は、新幹線好きとして1両は持っていたいものです。マイクロエースからは再販も含め2度販売しているのですがいずれのときもお金の持ち合わせがなくて買えませんでした そして2019年7月にまた再販するという話を聞いたのが7月末。そのときにはもう予約なんて締め切られており「ああ、おれは鉄道ホビートレイとはことごとく縁がないんだな」と嘆くほかありませんでした ところが先日、高尾...
  • 1年ぶりの邂逅
     昨年の高校生鉄道模型コンテストでは、200系2000番台を購入して昼飯抜きとなりました 実はこのとき購入を見送った製品がありましてちょっと心残りだったのですが、当時はまだ走行不能ジャンクを直して走らせようなどという酔狂は持ち合わせておらず、「動かん模型に3,500円+税なんてなあ」という気持ちでした そして1年後、再び高校生鉄道模型コンテストの会場に出店していた『エクスプレスはやて』をのぞいてみたところ、1年...